読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言について

人と長い時間一緒にいるとイライラする。よくある言い回しをするならば一人の時間が必要。

最近気づいた。僕は頻繁に独り言を言う。ゲームをしてる時、作業をしてる時、料理をしている時よく言ってる。これは今自分で気づいた。

独り言は自分の考えを一旦頭の中から出して整理するために言うらしい。

困ったことにこの独り言、一人じゃない時に言うと独り言じゃなくなるのだ。誰に向けたでもない発言もなんとなく相手に聞かせたかったみたいな感じになってしまうのだ。言葉だけではない、咳払いも長座体前屈も貧乏ゆすりも一挙手一投足全てが意味を持ち誰かへのメッセージになってしまうのだ。相手にそのつもりがなくても僕の中で独り言がメッセージになってるかんじがしてしまうのだ。

これは僕にとってスピーチを無限に続けてると同じようなもので、息苦しくて仕方ない。

誰が悪いではなく僕が悪いのだけども。共感してくれる人もまぁいるんじゃないかなと思う。