読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いなかはふべんでさびしい

田舎は不便で寂しい

田舎に住むのにはお金がかかる。田舎にいると必要とされにくい。需要も供給も少ない。だから何もない。

新しいものが入って来ない。今頃ドラマ咲がやってる。僕らが享受する時にはみんな飽きてる。服もそう。王様のブランチを見る目が違う。いきたい店を探すのではなく「こういう店があるのか」と動物園を見る感じで見ている。

ライブが行われない。応援できないし、応援されない。

福島はパチンコ屋のCMが多い。てかほとんどパチンコ屋だ。茨城で東京でパチンコ屋のCMなんか一度も見たことない。新台入れ換え?知らんわ。

都会の人は冷たいとかいうけど、よそ者と若者には田舎の方が冷たい。

福島で誇れるものがない。正直福島に生まれたことがかなりコンプレックスだ。ポケストップも少ない。しんどい。友達や恋人を福島に呼びたいと思えない。呼んだところで行くところなんてない。あったら教えて欲しい。城?森?んなもんどこでもある。

福島のいいところは地震の時の初動が早かったことくらいだと思う。初動が早かったおかげで立派に被害者ヅラできている。ありがとうサンボマスター。いつまでも被害者として頑張ってくれ福島。

ブックオフもラーメン屋も服屋も靴屋もなくなってなーにが残るんでしょうね。

福島の気持ち悪いところあげたら止まらない。

いつかノーベル賞とか芥川賞直木賞を取ったらきっと福島の新聞社に聞かれるだろう。

「福島の風土で培われたものはありますか?」

そのとき僕は「何もないです。強いて言えば強烈な劣等感くらいです」って言おうと思う。本なんて書かないけど

何かの間違いで福島市長の目に触れたりしないかなこのブログ。教えて欲しい福島のいいところを。好きになれるものならなりたいよ僕だって。福島にしかないものって何なのよ。

 

「藤本のブログはだめだよーダメ」って言われてしまった。入り口は小説っぽいのに途中からダメになるらしい。日記だもん。

日記を書く

 

今日は二限から五限だった。

朝起きたら道が雪でカチカチだったので自転車諦めて母に送ってもらった。ずっと自転車乗れてない。それくらいしか運動の機会がない僕にはゆゆしき事態である。また太ってしまう。

風邪をひいてる。なのに昨晩の夕飯はステーキだった。ちょっと発想が体育会すぎる。野菜が食べたい。

マスクが好きじゃない。息苦しいしマスクの匂いが好きじゃない。口が臭いのかもしれない。でも洟水でてても口開いてても気にしなくていいのは楽かもしれない。

昼は母におにぎりを持たされていたがどん兵衛カルボナーラ味を食べた。風邪でもうとにかく冷たいおにぎりだけは食べたくなかった。本当にお金がなかったからTポイントでどん兵衛買った。野菜が食べたい。

風邪でぼーっとして授業ほとんど覚えてない。社会心理学は面白かった。

帰り道母親とかつやに来た。かつやは好きだけど今は野菜が食べたい。

平日のこの時間はしまむらで買ったみたいなパーカーをきた30代くらいのおじさん二人とと、作業服を着たおじいちゃんが何人か居た。辛気臭い。一人でいるときはこの辛気臭さも好きなのだが母親と来ると微妙だ。

かつやは、世の中のお店が女性客のニーズを考えメニューや内装を凝っている中、女性客のニーズを一切無視することで現在のセールスにつないだらしい。なるほどねぇ。そういうこともあるよねぇ。

 

昨日食べたなか卯不味かったなぁ。不味かったし高かった。こんなに高かったっけ。

何もいいことないなぁ最近。悪いこともとりわけないのだけれど。

小さな悪いこと三つぶつけてもいいからいい事一つ欲しい。お願いしますよ。