読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人粉

めっちゃお腹痛くてちょっとゲボ吐いたのでバイト休んだ。

わりと夜になったら平気だった。カジュアルな服痛だった。すみませんでした。

これは流行りの胃腸炎なのでは、ノロウィルスなのでは、と思ったがそうではなかった。カップラーメンに入れてみた魚粉パウダーがゲキ不味だったのだがそれのせいかもしれない。

ラーメンが美味しくなるって言ったから入れたのに僕のプレシャスなラ王味噌はまずい魚粉の味になった。そもそも味噌に魚粉は合わない。

魚粉ってなんたよ。人も粉になるのだろうか。

そういえば父の車に乗ったら骨壷くらいの箱があるなぁと思ったら本当に骨壷だった。あんまり会わなかったほうのおばあちゃんだった。ギョッとした。

どうやらペンダント作って残りは地元長崎の海に撒くらしい。(人知れず僕は被爆者三世なのだ。この話はこんどする。)

死んだ後の事は割とどうでもいい。山に捨てても良いし、犬に食われてもまぁいい。

お葬式もどうでもいい。遺影に唾吐かれても別にいい。ただその分死ぬ直前までは愛想笑いしていて欲しい。

悪口は死んでから言ってくれ。

注意する時は10個いいとこ言ってから1注意してくれ。

陰口は分からないように言ってくれ。

 

 

f:id:fujiphone:20161220020533j:image

ゲボ吐いた後この漫画を読んだ。面白かった。

作者、めっちゃ、生き辛そうだなって思った

 

あと恋のツキの2巻もよかった

ここで終わればいいのにって思った。

 

あと僕たちがやりました。の新刊も良かった。

これもここで終わって欲しいと思った。

 

惡の華も神社で焼身自殺しようとするとこで終わればいいのにって思った。

連載漫画といふものは盛り上がって終わるということを許されないのだろう。変な芸術だ。

音楽で言えば落ちサビしてラスサビして一音転調してまだ盛り上げろと言われるようなもんだ。音楽で言うべきじゃなかった。

全く難儀なコンテンツである。

 

 

変な話をする。

男女はセックスをすることがある。僕もした事がある。

こう、セックスをするというのはまぁ、こう、羞恥の極致であって、もうこれ以上失うものなどないわと言った感じがする。する?僕はそう思う。

人と生活上で、たとえばオナラとか着替えとかいびきとか匂いとかそう言った羞恥案件に関して僕はめっちゃ気を使う気質で、それは男女関係なく感じてしまう。

そこで一度セックスをするとそう言った羞恥が全部無くなる。全部ではないけどまあ大体越える。そう言った経験が何度かある。

僕だって出来るだけ人といる時緊張なんかしたくないし人と居られるようになりたいとは思う。しかし男性とはセックス出来ない訳である。その点で男性といると羞恥が無くならないというか薄い壁があるというか。人間らしく在ろうと思ってしまう。いや、もちろん女性にはもっと壁を感じるけど。

男性といる時なんのためらいもなくオナラされても別に不快感はないのだ。自分でしたくないだけなのだ。同様の理由で銭湯とかもあんまり好きじゃない。

あ、一人なら銭湯行ける。

やっぱこう友達の前では人間人間して居たいのだと思う。

いや、これは悲観でも批判でもなくて自己分析。

セックスをした事ある人もした事ない人も男性も女性も皆さん好きです。本当です。

なんか変な感じになった。

変な話をすると言ったからまぁ許して欲しい。

これはただの変な話なのだ。