読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聞く耳

特技というものがほとんどなく、履歴書を書く時いつもなんで書いたらいいのか悩む。

ただひとつ高校の時くらいから「人の話を聞く事が少しだけ上手い」事を自覚していて。割とここまでの人生、人の話聞く事でなんとかやってきたみたいなとこあるしそれを食い物にして行こうと思ってるくらいである。

ただ人の話を聞く事が上手くなると同時に自分の話をする事がどんどん苦手になって行って。自分の話の聞かれ方が気になってあんまり自分の事話さなくなった。

別にそんなに悲観してないし、話す側の人がいれば聞く側の人が居るくらいにしか思ってない。ただ聞く役をやってると周りには話す役の人が自然と集まってくる。自分の話をしていても気づいたら相手の話になってる事がしばしばある。つまらない話でも楽しそうに聞けてしまうし、興味ない話でも興味あるように聞かないと失礼だと思ってしまう。から聞く。楽しそうに。

 

その中で長い付き合いをしてる人って言うのは僕が無限に楽しく聞ける話をしてくれる人か、僕と同じくらい話を聞くのが上手い人なんだなぁって気づいた。

 

こんな事を書くと誰も僕とお話ししてくれなくなってしまう。楽しく聞くスキルもこんな話の前では偽物に写ってしまうかもしれない。決してそんな事は無いのだ人の話を聞くのは楽しいのだ。ただ僕が少し機嫌がわるい時とか正解の返事を敢えてしなかった時も優しくして欲しい。そんな事をされると僕に求められてる物が「話を聞く事」ではなく「気持ちいい返事をする事」なんだって思ってしまう。

いやそうなのかもしれないけど。

 

聞くのが上手いのではない。

話すのが下手なだけだ。

 

話を聞くのが得意なのかもって思ってたけど、エロゲの選択肢の要領であれば話を聞くのが本当に上手い人はそこから相手に好かれたり説得したり攻めに転じる事が出来てこそなのでは無いだろうか。

僕はただ相手に気持ちのいい返事をしてサンドバッグになってるだけなのかもしれない。

悲しくなってきた。

特技なんて高尚なものでは無いのだ、これは。

人の話聞くの疲れた。

 

と、この先ほど旨を誰かに話そうと思った。

僕にも話したい事があるのサと。

ただ気づくと僕の周りには「話す側の人」しかいなくて。「話す側の人」にこんな話をしたら、「今までの相槌はなんだったのか、私を喜ばせるために適当やってたのか、くたばれ」と言われてしまうかもしれない。この記事を読んでる方にもそう思った方は居るかもしれない決してそんな事は無い。ただ僕が勝手に話す相手をえり好みしてるだけなのだ。甘んじてくたばろうと思います。

ただいざ話しても分かってしまう訳だ、僕の話に興味がない感じが。実際僕の話が面白くのは仕方ないけど、僕に興味がないのだ。

 

誰の目を見ても言えない事はこうしてどこでも無い方向に投げるに限る。どこでも無い体でありながらどこでもある方向に。