読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ見てないけどガルパン4DXみた

水戸にて4時間くらい空きの時間が出てしまって一度体験してみたいと思ってた4DXの映画を見ようと思い映画館に来たのですが
スターウォーズマッドマックスもみちゃったしガールズアンドパンツァーを観ることにしました。

まず、僕アニメ見てない、戦車興味無い、大洗に愛着無い、けどガルパンの同人誌で抜いたことある
くらいなものだったのですが
結論から言ってメチャクチャ面白かったです。

ストーリーも無理があるところはあれどキャラに思い入れが無い僕でも彼女らの学校への思いや友情が伝わってくるしこの2時間で彼女らのかっこいい部分コミカルな部分可愛い部分が満遍なく盛りだくさんでただの美少女アニメとしてでも超いいバランスで組み込まれていたのですが、
なによりも戦車でのバトルシーンが本当にかっこいい。
戦車の軌道も種類も戦車戦のノウハウも知らないけれど(知ってたら無茶苦茶なのかもしれないけど)ラストの台詞がほぼ無い決着のシーンなんてアクションとして素晴らしいものだったし手に汗握るとはこの事だなと。


次に4DXである事についてなんですけど、
4DXによって没入感が増すとかそういう事は無い。
むしろ実際の振動や水しぶきとのギャップを感じて一歩引いてしまうところもあるのですが

人間の感動って、(この感動はわかりやすく泣くだとかそういう事以外にも感情が動くこと)ストーリー同行以上に人間の五感に強い刺激を与える事でより大きくなるものだと思っていて
例えば音楽も大きい音で聞いたほうがかっこいいし、もっと言うならライブで派手な音響と派手な照明、派手に動く演者を観る事でコンテンツとしての音楽のポテンシャルを最大限(もしくはそれ以上)に引き出す事ができるように
映画も小さいスマホよりテレビ、テレビより映画館にって拡張して行った先が今回の4DXに繋がるのかなと思いました。

また音楽のライブの話になってしまうのですが動かなければ他人事として過ぎていく時間が周りの人に巻き込まれてでも周りの人の同調圧力でも他動的な原因であれ自分が身体を動かすという事は過冷却水に刺激を与えると一気に凍り出すようにその日のショーがより強い思い出になったり忘れられないくらい楽しいものになったりするという事はあるのでは無いかとおもいます。

要するにエンターテイメントにおいて、より派手により大袈裟に何かをやるという事はその動作の意味以上に効果があるしズルいけどやっぱ強いね
って事です。

ガルパンから逸れてしまいましたが、
アニメ見てない戦車興味無い大洗に愛着無い僕が見ても本当に面白い映画だったので是非見て下さい。
気が散るとか想像力を欠き脳を退化させるだとか色々おっしゃられますが4DXは一度体験してみたほうがいいと思います。